· 

住宅ローンは営業マンが詳しく教えてくれる!?

「住宅ローンについては営業担当者が詳しく教えてくれるし、銀行も紹介してくれるので安心です」と言われることがあります。しかし、元住宅営業マンからしてみれば、非常に危険な思い込みとしか言いようがありません。

 

営業担当者に次の質問をしてみましょう。

  1. 住宅ローン減税がある間は繰り上げ返済はしないほうが得ですか?
  2. 貯金がたくさんある場合でも、金利が低いので住宅ローンをたくさん借りたほうが得ですか?
  3. 返済期間を20年、25年、30年、35年と悩んでいるのですが、最長の35年のほうが良いですか?

この質問で、1つでも「YES」という回答をした方は要注意です。

結論からいえば、正しいアドバイスをするならばすべて「NO」です。

銀行の住宅ローンの担当者も質問のいずれか(またはいずれも)「YES」と答えるでしょう。

 

なぜ、住宅会社の営業担当者や、銀行の住宅ローンの担当者がこんな間違った回答をするのかといえば、それは両者とも「売り手側」だからです。

 

銀行はそもそも住宅ローンを貸し付けて利息収入を得る側ですから、たくさん貸してたくさんの利息を支払ってもらうことで会社(銀行)が儲かります。つまり銀行の住宅ローン担当者が顧客の利益になるアドバイスをできる立場にはありません。

 

本来は住宅会社の営業担当者は顧客の利益になるアドバイスをするべきですが、住宅会社の営業担当者の知識は銀行が研修していることも多く、銀行側に偏った知識を得ている可能性は否定できません。また、銀行と住宅会社はお互いに協力関係にあり、住宅会社も銀行に嫌われることを避けるため、銀行にとって都合の良い話をしていることもあります。

 

これでも「住宅ローンについては営業担当者が詳しく教えてくれるし、銀行も紹介してくれるので安心です」といえるでしょうか?

 

世の中の構造として「売り手側」と「買い手側」は利益が相反することが多く、住宅ローンや生命保険、投資信託の販売など、まさにその代表例です。

 

ではなぜ、先ほどの3つの質問の回答がすべて「NO」なのか、次回以降書いていきます。

 

セミナーではその回答もしていますので、ぜひご参加ください

↓↓↓

【参加費 無料】※公開収録につき今回のみ無料となります

セミナー開催日時(公開収録)

日時 平成30年10月7日(日)

   14:00~16:30

場所 静岡駅前会議室LINK

   静岡県静岡市葵区紺屋町8-12 金清軒ビル(A館401)

   ※静岡駅徒歩3分

 

セミナー詳細はこちらから

 

セミナーは参加無料ですが事前予約が必要になります。

ご予約はこちらから