資金計画編 配信開始

失敗しない住宅購入実践塾(第2回)資金計画編の配信がスタートしました。

 

副題は「買えるもの」を買う住宅購入の実践

「夢のマイホーム」と表現されるように住宅購入には夢がたくさんありますが、だからといって欲しいものが全て手に入るものでもありません。

 

たとえば、5,000万円もする高級車や、300万円の腕時計、500万円のダイヤの指輪、200万円の高級バッグ、1億円の豪邸など、いくら欲しいものでも身の丈を超えた買い物は家計を圧迫し、やがて破綻につながることは言うまでもありません。「そんなことはわかっている」と言われてしまうかもしれませんが、しかしこれらのものも徐々に金額を下げて考えてみると「買える」金額がみつかります。5,000万円の高級外車はダメだけれども、4,000万円、3,000万円、2,000万円、1,000万円、800万円、600万円、400万円と金額を下げてくると、どこからか「買える」ゾーンに入ります。人によりその境目は違います。逆にいえば、それ以上は「絶対に買ってはいけない」ゾーンだということになります。

 

住宅も他の買い物と同じように「欲しいもの」と「買えるもの」は違います。いくらの住宅だったら買えるのかを考える手段のひとつが資金計画です。住宅購入の前に、きちんといくらの物件までが「買えるもの」なのかを把握する必要があります。そのために、しっかりとお金の準備として資金計画を作りましょう。

 

本編では住宅購入の際に大切な資金計画の作り方、諸費用などのコストダウン対策について詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

 

配信はFPI-J.TVから→FPI-J.TVのサイトにリンクします