建築会社選びに大切なこと

建築会社を選ぶ基準は人それぞれですが、やはり最終決断は悩むものです。注文住宅の場合は、完成したものを購入するのと違い、契約からスタートして、間取り、仕様、設備などさまざまな打ち合わせを経て工事に着手します。工事中もさまざまな打ち合わせや現場での立会確認など工程が多岐にわたります。それらの工程でいかに顧客の側に立って説明や提案をしてくれるかが、良い建築会社選びのポイントです。

住宅購入時の不安

住宅購入時の不安は大別すると①資金的な不安、②住宅品質の不安、③納得性の不安に分かれます。

 

①資金的な不安は、資金計画から始まり、ローン提案、見積もり提示、打ち合わせ中の追加変更契約、火災保障などに由来します。多くの場合はこれらをよく理解しないまま決定してしまうことがほとんどで、それこそが不安のタネになります。

 

②住宅品質の不安は、自分の夢や希望、大きなお金を支払うことによる対価として満足を得られるか、他と比べて劣らないだろうかといった一生に一度の買い物ならではの不安です。

 

③納得性の不安は、自分の中での「常識」や「当たり前」といった「こうあるべきだ」という観念から住宅会社や営業担当者の行為が逸脱した時に発生します。ですから住宅会社や営業担当者が同じことをしてもクレームになる時とならない時があります。つまり基準を持っているのは顧客の側で、その基準に合致しないと不満になります。

 

これらを解決するためにはどうしたら良いでしょうか。

ぜひセミナーでご確認ください。