FINANCIAL PLANNING  <メリーライフプランニング>

ファイナンシャル・プランナーは、みなさまの「今」と「将来」を楽しく過ごす計画のため、もっとも身近で頼りになるパートナーです。

 

貯蓄やローンの相談は銀行に、保険の相談は保険代理店に、資産運用の相談は信託銀行や証券会社に、住宅購入は住宅会社に相談していませんか?そこは相談者の利益を最優先してくれるところでしょうか?営利活動団体はどんなにきれいごとを並べても、自らの利益を最優先しなければならない経営上の使命があります。

 

メリーライフプランニングはファイナンシャル・プランナーとして、相談料をいただくことで顧客の利益を最優先したアドバイスを可能にしています。

 

住宅購入

住宅購入には大きなお金が必要になるとともに、さまざまな工程で知識が必要になります。これを住宅会社の営業担当者や銀行などに任せてしまうと大変なことにもなりかねません。正しい知識と判断基準を持つ必要があります。

保険・共済

保険は保険会社が販売する保障に関する商品を指します。共済とは、ある特定の集団が作る自らを保障する制度であり、最大の違いは保険がオープンなものに対して、共済はクローズドなものだということです。つまり保険は希望すれば誰でも加入申し込みができますが、共済はその組織に属しているものしか加入申し込みができません。

家計管理

家計管理において大切なことは、広い視野で家計を見ることです。銀行口座に預金をしながら住宅ローンを借りていたり、投資信託を買いながら自動車ローンを借りていたりと、プラスの運用とマイナスの運用を同時にしている場合、一方ではうまくいっているように見えても、家計全体ではマイナス方向にしか傾いていないケースもありますから全体のバランスをとることが大切です。